お薦め書籍

先物取引被害と過失相殺

過失相殺の抑制に向けた理論と実務
弁護士 内橋一郎・大植伸・平田元秀・加藤進一郎・土居由佳

推薦のことば
弁護士・前日本弁護士連合会消費者問題対策委員会委員長 三木俊博

本書は熱のこもった力作です。わが国においては、これまで多くの素人が先物取引に誘い込まれて被害にあい、今なお、その状態は解消されていません。

本書では、先物取引だけでなく過失相殺を検討した既往の法律文献を渉猟・紹介するとともに、過失相殺が検討にのぼる交通事故・消費者訴訟・宗教トラブル等関連分野をも視野に入れた深い検討が行われています。

先物取引分野での被害救済において安易な過失相殺がなくなる日が早期に到来することを願って、心より本書を推薦するものです。

新・金融商品取引法ハンドブック

消費者の立場からみた金商法・金販法と関連法の解説
弁護士 上柳敏郎・石戸谷豊・櫻井健夫

前著『金融商品取引法ハンドブック』(2002年)は、2001年の金融商品販売法や消費者契約法の施行を受けて、さまざまな法律、法理論と判例を幅広く取り扱ったものです。

本書では、今般の改正によるものであり、実務家(弁護士・裁判官・行政庁職員・消費者生活センター・相談員・FP・銀行員・保険会社・証券会社等の法務担当者)、法科大学院生、研究者、消費者運動関係者を 読者として想定しており、幅広く活用されることを期待しております。

過当取引の民事責任

神戸学院大学法科大学院教授 今川嘉文

この本のほかに、相場操縦規制の法理や、登記実務のポイントとなる会社法施行規則等を完全フォローした 登記実務に特化した会社法解説書の新会社法Q&Aがあります。

その他の書籍一覧

先物被害関連書籍一覧
証券被害関連書籍一覧

このページの先頭へ