玉の聖徳・国内先物取引建玉分析システムの画像一覧

玉の聖徳(ぎょくのせいとく)の「聖徳」とは、「もっとも優れた知恵」という意味。玉の動きが正しいか、をさまざまな機能から分析します。先物取引の判断材料の一環としてご活用ください。

玉の聖徳・機能概要

入力には基本的なエラーチェックを搭載しています。入力後、建玉分析表、取引グラフ、両建グラフ、特定売買比較表、商品集計表、銘柄分析結果表、銘柄特定売買比較表、証拠金推移表、向い玉分析明細表/集計表/グラフ(取引状況、取組高)、経過グラフ、売買玉推移など、多種多様な分析書類が表示・出力できます。

玉の聖徳・入力画面

玉の聖徳入力画面
玉の聖徳入力画面

玉の聖徳・出力画面

玉の聖徳出力画面
玉の聖徳出力画面

玉の聖徳・機能紹介

データ入力

  • 一覧を表示しながら入力でき、指定した行を修正、削除できます。
  • 発注日時を一括コピー、削除ができます。
  • 一覧上で、ランダムな行をコピーできます。
  • 削除は、最後に抹消か、逐一抹消かを選択できます。
  • 今回の依頼者で使用する銘柄を限定できます。

データチェック

  • 並び順チェックをし、エラーがあれば発注時間を使用して並び順を自動変更します。
  • 対応チェックは、新規仕切の対応が正しくなされているかをチェックします。

データ一覧

  • データの一覧を表示します。任意項目のソート、抽出ができます。
  • 委勘式でデータを表示出力することが可能です。

グラフ表示

  • 建玉分析表:売り買いを横線で結ぶグラフで特定売買がつきます。
  • 取引グラフ:建玉単位で横棒を描くグラフで特定売買がつきます。
  • 経過グラフ:1頁内に任意の取引を表示可能で特定売買がつきます。
  • 両建グラフ :買と売を上下に表示する縦棒グラフで特定売買がつきます。
  • 銘柄別分析 :銘柄別で特定売買率・手数料化率・売買回転率が表示できます。
  • 特定売買比較表:損切直し、減玉直し、同限月直しを表示します。
  • 鞘取り表:同時に建てている銘柄、仕切っている銘柄を表示します。
  • 添付用資料:同時に建てている銘柄、仕切っている銘柄を表示します。

データ合算機能

玉の聖徳の合算設定
任意の条件で設定します。

合算前のデータ

これが合算前のデータです。これを前画面で設定したます。
同じ銘柄、日付、場節時間が並んでいるのがわかるでしょうか。

合算後のデータ

合算するとこのようになります。
合算前は55頁あったデータが12頁に合算されています。
この合算をすることにより、特定売買の数は違ってきます。

深夜取引機能

玉の聖徳の深夜取引

深夜取引時間は任意に設定でき、深夜取引にする場合はチェックします。

深夜取引前のデータ

これが深夜取引前のデータです。深夜取引は通常、16:30から翌日の取引になります。
本来であれば、13/02/25の17:59は翌日の取引ですが、深夜取引にしないデータでは、日付をみて特定売買を判定するので、このようになります。

深夜取引後のデータ

このデータを深夜取引対応にすると、13/02/26のデータと兼ね合わせ、同日に仕切があり、そして新規があるので、特定売買に途転のマークが付くのです。
この深夜取引と、合算機能は兼ね合わせて使用することができます。

向い玉分析

  • 限月単位、1日の合計で、向い玉明細表、集計表、グラフを表示
  • 新規枚数だけでなく仕切枚数でも分析可能です。

証拠金推移

  • 証拠金の推移により取引日ごとに回転率を表示(証拠金の入力が必要です)
  • 本証拠金は限月ごとで変わることを考慮して、表上で手入力できます。

売買玉推移

  • 売買玉の推移を視覚的に表示、データの明細も表示可能

玉の聖徳の価格と購入方法

玉の聖徳・価格

販売価格:14万円、割引価格:8万円
(割引価格は全国先物取引被害研究会または全国証券問題研究会の直近2大会にご出席の方が対象)

玉の聖徳を購入するには

玉の聖徳を購入するには、弊社から郵送する案内書を受け取る必要があります。案内書申し込みがあった時点の研究会(直近2大会)にご出席かどうかをお調べして案内書を作成し、お申込者を記載してお送りいたします。

ご案内のご請求は「案内書申し込みフォーム」からお願い致します。

このページの先頭へ