神変追究に価格データを取り込む方法

神変追究が販売中止になってから、既に何年も経過しております。当方より神変追究で使用する価格データや証拠金データを販売しておりましたが、証拠金はSPAN証拠金になり、業者によって、委託者から徴収する証拠金に差異が生じることが多くなったため、提供するデータとして対処できないという判断でした。

しかし、未だにシステムをお使いの先生も多く、価格データだけでも入手したいとのお問い合わせが多いことから、価格データの取り込み方法を説明します。ただ、証拠金に関しては提供するデータがないことから、個別に入力していただくことになります。

パンローリングから相場アプリケーション(チャートギャラリー)の購入

まず価格データ取り込むにはパンローリング社の相場アプリケーション(チャートギャラリー)を使用します。過去に弊社でもチャートギャラリーの仲介をしていました。もし、そのソフトをお持ちで16桁の登録番号を持っている先生ならアップグレードが出来ます。

チャートギャラリーのデータ取込機能は、半年しかサーバーでデータを保持していないため、半年以上過去のデータをアクセスするとデータの欠けがでます。

また、チャートギャラリーもバージョン4.0になっていますので、登録番号を持っている方はアップグレードをします。もう、持っていないという方は、買い直しになりますが、それほど高い金額ではありません。

チャートギャラリーについて

チャートギャラリーは元々、チャートを表示する機能のソフトです。このチャートギャラリーには上位版もありますが、必要なのはインターネットでのデータ取り込み機能です。一番安価なスタンダード版で十分です。

セットアップ又はアップグレードCDを入手したら、インストールします。

セットアップ時のエラー表示

弊社でセットアップテストをしたところ、セットアップ時にエラーが表示されました。

重大なエラーが発生したためインストールを中断します。
以下の表示をメモしてPanまでご連絡ください。
PhaseObject c:\windows\system32\amarket.dll Reason-2

このエラーは中源線建玉法に関するもので、中源線建玉法はチャートギャラリーでは使用できないため問題ないものと思われます。

チャートギャラリー4.0はWidows7でも対応ですが、神変追究はWindowsXP版です。WindowsXPで稼動させてください。

神変追究でデータ取り込み

次に神変追究でデータ取り込みをしますが、その前に、データ取り込みをすると、過去からの銘柄の蓄積で100銘柄を超えてしまいます。神変追究では100銘柄という制限を設けているのでエラーが表示されるのです。これに関しては修正プログラムを発行しますので請求してください。

修正プログラムを実行したら、神変追究を立ち上げ、「価格取込」の機能を表示します。

価格取込の初期画面

「相場アプリケーション」のタブを選択します。

「相場アプリケーション」のタブを選択

「読込実行」をクリックします。これで終了です。

データが確実に読み込まれているかチェック

それではデータが確実に読み込まれているかチェックしましょう。

「価格手入力」のタブをクリックして、①現在でも稼動している銘柄を選択します。②最後の限月をクリックします。③表示されたデータの一番最後までスクロールバーで下げて昨日までのデータが取り込まれているかを確認します。

このページの先頭へ