Vista・Windows7に旧バージョンをインストールする場合

当ソフトウェアの最新版は全てWindows7・VISTAに対応していますが(Windows7対応に関する変更(PDF))、コンピュータを買い替え、Windows7・VISTAに旧バージョンをインストールしようとした場合、エラーが表示されます。

当ソフトウェアの旧バージョンは、ProgramFilesにセットアップして、その場所に設定ファイルやデータファイルを作成したりしています。Windows7・VISTAになってから、プログラムファイルを書き換えようとするとエラーが出るようになっています。

また、ProgramFilesにデータを書き込むと、OSが自動的に仮想フォルダを作り、あたかもProgramFilesにファイルを作成しているように見せかけます。ただ、それでは今までのようにマイコンピュータからデータをコピーしたり、設定ファイルを削除するということができなくなるのです。

Windows7・VISTAで当ソフトウェアをお使いになる場合、それらの弊害があるため、強く最新バージョンでの使用をお薦めいたします。

ただし、新件ではなく古い依頼者のデータを出力したい、再度、データを見る必要があるという場合にだけ、次の方法をお試しください。

WindowsVISTAの場合

WindowsVISTAはセキュリティが強化されたため、インストール確認がたくさん表示されます。また、ログインしているユーザーがアドミニストレータだとしても「管理者権限」に昇格する必要があります。

よって、MicrosoftExcelなど複数のソフトをインストールすることにより「管理者権限」に昇格します。シールドアイコン付きのボタンをクリックしたときに、昇格のためのダイアログを表示します。昇格してしまえば、確認メッセージが表示されますがそれほど難かしくはありません。

お使いのVISTAがSP1以上かどうか調べましょう

お使いのVISTAがSP1以上であるというのは、インターネットで常にお使いの方は自動更新されるので問題ないのですが、まれに再起動が度々あるので自動更新をOFFにしている方や、インターネットで使用していないコンピュータの場合もあります。

SPというのはサービスパックの略で弊社で言えば修正プログラムのようなものです。2008年ではSP1ですので最低限、SP1の状態にしてください。

WindowsVISTAのバージョンの調べ方(PDF)

Vista・Windows7にセットアップする場合

Vista・Windows7にセットアップする場合、セットアップ自体は正常に終了します。その後、ソフトを起動しようとすると、エラーが表示されます。

その場合、スタートメニューにある当ソフトウェア(たとえば玉の聖徳)を右クリックして、サブメニューの中の「管理者として実行」をクリックします。

Vista・Windows7にバージョンアップする場合

Vista・Windows7になってから、バージョンアッププログラムを配布するというのは中止しております。つまり、バージョンアップというお申し込みの場合は、セットアップディスクをお送りしています。

ただし、旧バージョンをセットアップした場合、バージョンアップディスクがお手元にあるということがあると思います。その場合、通常通りバージョンアップするとエラーが表示されます。

エラーが出る場合は、WindowsVistaにバージョンアップする手順(PDF)をご覧ください。

このページの先頭へ